summon

仮想通貨…暗号通貨…アルトコイン…草コイン…宝くじ…yay!!!

筋肉コイン『SHND(StrongHands)』がハードフォーク!新筋肉コインを貰うには新ウォレト導入が必要の模様

筋肉コインがハードフォーク(HF)するようです

f:id:absence:20180101201947p:plain

まさかのリブート筋肉コイン

な、なんと

究極のネタコインと言われた筋肉コイン(StrongHands ストロングハンズ SHND ストハン)がハードフォークされることになりました。

開発者が不在と言われていた筋肉コイン。

現在も公式サイトは全く変化ありません。

StrongHand - Incentivizing Dedication

 

しかし、年始に新規サイト及びTwitterが開始されています。

新公式SHNDツイッター

 

新公式SHNDサイト

Home - StrongHands™ - The Official Site of the StrongHands Coin™.

 

新チームで再開したともいわれていますが、正直、これが元の開発者と関係あるのかどうかは外から判断できません。

元の開発者なら公式サイトやgithubやBitcoinTalkスレッドを更新できるはずで、それをしていないということは全くの別人が開発者と名乗っていることも否定出来ないんですよね…。

しかしサイト自体はよく出来ているので期待できそうなのは確かです。

そういうことを踏まえての新たな情報。

 

筋肉コインがハードフォークされます。

ハードフォークとは一言で言うとコインの分岐で、元のコインのブロックチェーンから離れて新たなコインが生み出されることです。

互換性のないバージョンアップと言ったイメージでもOKです。

ちなみにハードフォークはオープンソースのコインであれば誰でも出来ます(つまりハードフォーク=元コイン開発者である必要は無いということですね)

ビットコインイーサリアムでもハードフォークが頻繁に行われています。

詳しくはグーグル先生に聞いてください。

 

新筋肉コインのフォークコイン

そして今回の要、ハードフォークによるフォークコインの扱いです。

ハードフォークは、現行のコイン(以後旧コイン)から分岐するので旧コインと同量のコイン(フォークコイン)が発行されます。そのコインがどうなるのかというと、通常は旧コインの所有者にそのまま配布、または交換となる場合の2パターンがあります。

今回のフォークコインは前者で旧コインと同数の配布となるようです(はっきり明言されてはいないので間違っていたらすみません)

フォークコインを貰う方法は、旧コインを新ウォレットに入れることです。

 

筋肉コインのフォークコインを貰う手順

手順は普段ウォレットを使っている人には簡単です。新ウォレット(v0.1.5.1~)に旧コインを入れておくだけです。

新ウォレットは公式サイトでダウンロードできますが、githubが最新バージョンのようです(現在0.1.5.2)

旧ウォレット(v0.1.5より前のバージョン)を既に使用している人は設定も引き継がれているので、新ウォレット(v0.1.5以上のバージョン)を起動するだけでOKです。(念のためにバックアップは取っておいてください)

期限は2018年2月17日午前12時00分00秒AM GMT、またはコインのブロックが589500に達した時点(どちらか早い方)とされています。

旧ウォレットの人は期限までに新ウォレット移行が必須のようです。取引所に置いている人はフォークコイン配布は不明です。

何れにせよ新筋肉コインを貰うには新ウォレットに移したほうが良いということになります。

 

筋肉コインのハードフォークの理由と今後の見通し

1.現在の筋肉コインはPOS報酬が大きすぎて近々破綻してしまう。

2.ハードフォークで新筋肉コインを作り、POS報酬を減らしこれ以上のコイン無限増殖を抑える←いまココ

 

と言う計画のようです。

 

現段階ではなんとも言えませんが、筋肉コインは究極の草コインであって本質はネタコイン。何があろうと大丈夫!

何れにせよ新たな動きがあるのはとても喜ばしいです。

今後の筋肉コイン発展が期待されます。

 

筋肉コインはコインエクスチェンジなどのDOGE建で取引可能。

筋肉コイン現在レート

フォークコインが目当ての人は新ウォレットへ移しましょう。

 

長々と書いてしまったのでまとめ

・フォークコインの新筋肉コインを貰うには、期限までに新ウォレットに旧コインを入れておくこと。保有量に応じた新コインが配布される(他の方法は現在不明)

・期限は2018年2月17日午前12時00分00秒AM GMT、またはコインのブロックが589500に達した時点(どちらか早い方)

・HFが終わって新コイン配布確定後は旧コインは自由にできるので旧コインは暴落する可能性がある?

5chcoinホワイトペーパー公開。5chcoinブラウザの投げ銭システム詳細が判明!

CC問題からのテザー問題で下落止まらぬビットコ相場

そろそろ悪材料が出尽くして反転して欲しいところですね

5chcoinホワイトペーパー公開

5chコインのホワイトペーパーが事前予告通り公開されました!

期日直前になって突然延期したりするICOも多いですから、期日にきちんと公開されるのはとても好印象ですね。

ホワイトペーパーは5chcoin公式サイトよりダウンロードできます(pdf形式ファイル)

5chCoin – 5chCoin

 

ホワイトペーパーで判明したこと

5chcoinチーム構成

『5chCoinは5chCoinチームによりイーサリアムブロックチェーンプラットフォームから生み出されたERC20トークンです。5chCoinチームは海外を拠点し、有志・ボランティアで構成するプロジェクトチームです。』

公式ページを見て分かる通り、日本をターゲットにしたプロジェクトと見受けられますが、海外を拠点とした有志・ボランティアで構成されたチームとのことです。国籍や規模はまだ不明ですね。

 

5chコインの投げ銭システム

5chコインの報酬システム、5chコインの投げ銭システムを要約すると

・5chコインのウォレット付きのブラウザで、掲示板の有益な発言コメントに対して投げ銭をすることが出来ます。

・一人目の投げ銭は全額発言者に渡されます。

・二人目以降の投げ銭の半分が発言者に、残りの半分は先に投げ銭した人に均等に割り振られます。

 

つまり、有益な発言をした人と、有益な発言を発見した人にインプレッションがある仕組みですね。

有益な発言を発見した人にインプレッションが貰える仕組みはバイラルメディアの構造に似ています。

それより一歩踏み込み、投げ銭参加者にもインプレッションが得られる仕組みによって、コミュニティーの維持と情報の信頼性担保を行っています。

バイラルメディアの拡散とコミュニティーの集合知を活かして正のスパイラルを形成する、なかなか面白いアイデアだと思います。

これが成功し、軌道に乗るかどうかはブラウザの完成度とコミュニティーの規模に関係するので現時点では未知数です。

ですが、実現すると面白いことになりそうです。

 

他にもホワイトペーパーには5chcoinの理念やQ&Aも書かれていますので目を通してみると良いです。ETHトークン等のシステム等もわかりやすく言及されているので、仮想通貨初心者の方にもおすすめです。

 

5chブラウザのモックアップ公開

ホワイトペーパーに続いて5chブラウザのモックアップ公開されています。

5chブラウザの投げ銭機能を解説したシンプルなイメージ図になっていますね。

内容はホワイトペーパーに書かれていた投げ銭システムの具体的な動きです。

投げ銭システムのウォレット構造

5chブラウザはソフトウェアウォレットではなく、WEBウォレットのクライアントのようです。

推測ですが、5chコイン運営が作成したWEBウォレットにプールして内部で投げ銭を割り当てると言う仕組みのようです。これは投げ銭コインの移動に送金手数料が不要というメリットがあります。

ただ、ホワイトペーパーに書いているとおり、5chブラウザのウォレットに5chコインを入金する際に送金手数料としてETHが数百円分掛かります(出金時もETHが必要と思われます)

その送金手数料が高い問題は、現在ETHが開発を進められているRaiden Networkで送金手数料が1円以下に圧縮される予定ですので、今後解消される見込みです。ETHの開発に期待ですね。

 

今後の5chコイン

2月10日でトークンセールが終了し、取引所の上場が始まります。

EtherDeltaは上場確定のようです。さらにCryptopia、CoinExchangeの人気取引所に上場できるのならばmoonが見れそうですね。

そして3月以降は5chブラウザベータ版のリリースされ、本格的に稼働していくようです。

プロジェクトは告知通りに進んでおり、順調に進んでいるようで安心感がありますね。

今後も5chcoinに目が離せません!

超草コイン、仮想通貨もやしコインとは今北産業的な説明(Sprouts・SPRTS)

草コインもやしコイン今昔物語

仮想通貨 もやしコインとは

むかしむかしあるところに

Sproutsコインという仮想通貨がありました

SproutsコインはPOS報酬がおおきく

アイコンが芽なので

もやしコインという愛称がつきました

もやしコインには大きな問題がありました

POS報酬があまりにも大きく

どんどん価値が下がっていきます

もやしファンはPOS報酬調整してコインとして生き返らせて!とたのみました

しかし開発者は断りました

開発も長らくアップデートされません

そこでファンはSprouts+と言う新しいコインを作ることにしました

そのコインが出来た暁にはもやしコインと交換するという約束をしました

もうすぐもやしコイン+はできるそうです

もやしファンは今のうちにもやしコインを買い

もやしをそだてるのでした

to be continue

もやしコイン(SPRTS)もやしプラスの関係

Sproutsコイン(SPRTS)はCE(コインエクスチェンジ)で購入可能

https://www.coinexchange.io

 

もやしコインの現在レート(SPRTS/DOGE)

Sprouts+はPOS性能など抜本的な調整を行い価値を高める予定。

理念は引き継ぎ、新通貨として生まれ変わる。

Sprouts+は新規通貨なのでもやしフォークコインではありません。

もやしプラス運営は従来のもやしコインともやしプラスコインの交換を実施する予定。

交換比率は50%で、後の50%は開発が持ち、開発資金やチャリティーにつかうと宣言している。(持ち分が50%でも十分に価値は高まるだろうという予測のもと)

何らかの交換手段がアナウンスされるので、更新情報はこまめにチェックが必要です。

コインチェック騒動を受けてビットフライヤーがセキュリティー声明を発表

インチェックのネムXEM)盗難事件をを受けて金融庁が仮想通貨交換業者に注意喚起。

続きを読む

期待高まる5chcoin。もし5chコインがモナコインに到達するとどうなるか計算してみた

5chcoinの続報です

続きを読む